堤防からのイイダコ釣りも、マダコ釣りに負けず、人気の釣りとなっています。

マダコのようには大きくはありませんが、イイダコ釣りも非常に面白いです。

ハマる人が増えています。

ここでは、イイダコの堤防でのテンヤ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

イイダコのテンヤ釣りの時期・時間帯

イイダコのテンヤ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

堤防からイイダコを狙えるのは、6~12月です。

9~10月は、数釣りを楽しめるベストシーズンとなっています。

この時期に釣りに行くことをおすすめします。


これ以外の時期については、次のとおりです。

6~8月は、ふ化した小型のタコが釣れます。

11~12月は、深場に落ちる前のタコが釣れますが、数はそれほど釣れません。

1~5月までは、深場に落ちたことと産卵期で釣るのは難しいです。

イイダコのテンヤ釣り仕掛け

イイダコを狙うのなら夜間です。

夜行性のイイダコは、夜間に活発に動き回るためです。

ただ、日中でもエサを見つければ、積極的に抱きついてくるので釣ることは可能です。

朝夕マズメに釣りに行くと、比較的釣りやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク

イイダコ釣りのテンヤ仕掛け

イイダコ釣りのテンヤ仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

イイダコのテンヤ釣り仕掛け

竿

竿は、投げ竿を使います。

オモリ負荷は15号ぐらいです。

長さは、3~4mでよいです。

他に、バスロッドエギングロッドなどでもOKです。


リール

リールは、スピニングリールを使います。

イイダコ釣りはキャストするので、バックラッシュのないスピニングリールがおすすめです。

サイズは、2000~3000番がぴったりです。


ライン

ラインは、ナイロンの3号を使います。


テンヤ

テンヤは、イイダコ用の8~12号を使います。

メインは10号です。

潮の速さによっては、他の重さのテンヤを使います。

カラーは、白系が鉄板です。

赤系ピンク系がよいこともあります。

イイダコのテンヤ釣りの場所・ポイント

イイダコのテンヤ釣りの場所・ポイントについてご紹介します。

イイダコは、堤防サーフなどで釣れます。

底が砂地や砂泥地である場所に釣りに行くとよいです。

岩礁帯にもイイダコはいますが、根掛かりが多いので釣りにくいです。

潮の流れが速いポイントは、非常に釣りにくいので、流れが緩いポイントで釣るようにします。


おすすめは、何と言っても、実績のある場所・ポイントです。

毎年同じ場所・ポイントで釣れるためです。

釣り人は多いでしょうが、釣れる確率が高いです。

イイダコのテンヤ釣りのエサ

イイダコのテンヤ釣りのエサについてご紹介します。

エサは、ラッキョウネギ(白い部分)など白いものがよいです。

驚いたことに、食べるものでなくても、白ければ何でも釣れる可能性が高いです。

それほど、白いものに対して好反応を示します。

他には、豚の脂身などでも釣れます。

イイダコ釣りのテンヤ仕掛けでの釣り方

イイダコ釣りのテンヤ仕掛けでの釣り方についてご紹介します。

釣り方は、次のとおりです。

まず、狙ったポイントへ仕掛けをキャストします。

着底後、リールを巻いて仕掛けをゆっくり引いてきます。

イイダコがテンヤに抱きつけるように、ある程度引いた後は少し止めます。

これを繰り返すだけです。

その場で、軽くシェイクするのも効果的です。


イイダコ釣りでは、激しく誘う必要はありません。

かえって、逆効果となってしまいます。

イイダコは臆病なので、驚かせてしまうと警戒して抱きつかなくなります。


重みを感じれば、イイダコがテンヤに抱きついています。

緩めることなく、一定の速さでリールをゆっくり巻けばOKです。


当たりがなければ、キャストするポイントを変えます。

場所を移動するのもよいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事