タコテンヤ釣りのエサの種類

タコテンヤ釣りのエサの種類についてご紹介します。

テンヤには、基本的にエサを付けなければなりません。

エサは、大きく分けると魚系と肉系に分かれます。

魚系なら、アジやイワシ、サンマ、カニがおすすめです。

一方の肉系なら鶏肉(手羽先など)や豚の脂がおすすめです。


釣りには、魚系と肉系のエサを最低でも1つずつは持って行きたいところです。

日によって、どちらのエサがよいかわからないためです。


個人的に強力だと思うエサは、魚と豚の脂の組み合わせです。

エサは、必ずしも1つずつ付けなければいけないわけではありません。

複数のエサをまとめて付けてもよいのです。

たくさん付ければよいというわけではありませんが・・・

ただし、1種類のエサを付けた方がよいこともあります。

釣れない時は、いろいろ試してみるとよいです。

スポンサーリンク

タコテンヤ釣りのエサの付け方

タコテンヤ釣りのエサの付け方についてご紹介します。

基本的には、下の画像のように付ければよいです。

鶏肉は、ワイヤーを少しくらい強めに巻き付けても問題ありません。

しっかりと付けられていれば、何匹釣ってもそのまま使い続けることができます。

タコのテンヤ釣りのエサと付け方

アジなどの魚は注意が必要です。

お腹の部分は弱いので、ワイヤーを強く巻き付けると破れてしまいます。

破れると使い物になりません。

魚は、比較的硬い頭と尾の部分をしっかりと強めに、お腹は軽く巻き付けるようにします。

タコが抱きつくと、魚はすぐにボロボロになってしまいます。

1匹釣るたびに交換しないといけないかもしれません。

少し多めに用意しておくとよいでしょう。


※画像は、魚と豚の脂が付けられています。


どちらのエサを使う場合でも、テンヤからすぐに外れないようにしておきます。

すぐに取れるようではタコは釣れません。


エサは、船で用意してくれるところがあります。

エサの有無と種類を確認しておくとよいです。

船にないエサは自身で準備して持って行きます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事