タコエギの改造についてです。

どこまでやれば、改造と言えるのかは難しいです。

改造とは言えないかもしれませんが、私が実際に釣りで行っている工夫をご紹介します。


エギは、全部でだいたい20~30個あります。

少しずつ購入している内に増えてしまいました。

画像はほんの一部です。

タコエギの改造

キビナゴなどの小魚を付けて使うエギも持っています。

タコエギの改造

エギには、エギでノリ乗りをセットします。

セットの仕方は次のとおりです。


タコエギの改造
エギとエギでノリ乗り、輪ゴム(3本)を用意します。

画像には、輪ゴムは2本しかありませんが。


タコエギの改造
画像のように、エギにエギでノリ乗りを被せます。

位置は、画像を参考にしてみてください。


タコエギの改造
輪ゴムを画像の位置で止めます。

エギから外れないように止めればよいです。

止め方は自由です。


エギにタコベイトを装着してもよいです。

エギの頭部に被せたり、フック部分に取り付けている人が多いです。

タコベイトがヒラヒラ揺れてよいアピールになります。


あと、ノリノリタコライダーをエギに吹きかけるのも効果的です。

ノリノリタコライダーは、魚介エキスを配合したスプレーです。

タコが好きなエキスなのでかなり期待できます。


次は、エギの組み合わせについてです。

最近は、エギを2~3個付けるのが流行りです。

私は、エギを2個使います。

基本的な取り付けは、次のとおりです。


エギの重さが異なると、沈下速度が変わります。

重さを変えることで、アピール度を高めています。


エギの取り付け位置を次のようにしてもよいです。

タコエギの改造
取り付ける位置がズレることで、エギの動きが変わります。

これもよい誘いになります。


現時点で、もっとも気に入っている組み合わせです。

タコエギの改造
エギとデビルクラッカーを付けます。

以前に、この組み合わせで釣ったことがあるのですが、タコの反応はよかったです。

エギでノリ乗りをセットしたエギを使ってもよいです。


組み合わせは人それぞれです。

思いついたものをいろいろとやってみるとよいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事