7月26日、明石にタコ釣りに行きました。

今回は、仕立船での釣りです。

仕立船は、ゆったり釣れるのでよいです。


台風が心配でしたが、思ったほど波風などなく、釣りに行くことができました。

雨もまったく降りませんでした。

明石でのタコのエギ釣り

午前4時に出船し、約30分ほどでポイントに到着しました。

今回もエギでタコを狙います。

仕掛けを底まで落として、軽くシャクリを入れて当たりを待ち、当たりがなければ再び誘います。

これを繰り返すだけで釣れます。


釣り開始から、約2時間は非常によく釣れました。

過去の2回に比べて、タコのサイズが少し大きくなっています。

たまたまなのか、成長して大きくなったのかはわかりませんが、釣りごたえがあります。

明石でのタコのエギ釣り

スタートはよかったのですが、急にタコが乗らなくなりました。

潮はそれほど速くなってはいません。

いろいろな状況の変化によるものでしょうが、ここまで乗らなくなるものでしょうか?

いくら誘っても、エギを変えてもまったくダメでした。


もう釣れないのではと思っていると、ラスト1時間は急に釣れ出しました。

仕掛けを底まで沈めて少し誘うだけで、竿が重くなるのがわかります。

しっかりと合わせて巻き上げ始めると、ずっしりとした重みが手に伝わってきます。

この感触は最高ですね。

この1時間で10匹以上釣れました。


午前11時に釣りを終えました。

最終的には、51匹(200~800g)釣り上げることができました。

思った以上に釣れました。

明石でのタコのエギ釣り

竿:アルファタックル 餌木タコ185LTD
リール:テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス スペシャル2 64BR
ライン:PE3号
リーダー:フロロカーボン8号(20cm)
エギ:主に25gと35g 蛸墨族・デビルクローなど



テレビの釣り番組で、今年は黄と緑のエギがよいと言っていました。

試しにそのカラーを使ってみると、本当によく釣れました。

今年、明石ではタコが好調に釣れ続けています。

おそらく8月もこのまま釣れ続くのではないかと、船長が言っていました。

もし釣りに行かれるのなら、黄と緑のエギは用意しておいた方がよいと思います。

もちろん、日によって当たりカラーは異なるかもしれませんが・・・

明石でのタコのエギ釣り

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事