タコ釣りと言えば、マダコ釣りです。

しかし、イイダコも釣ることができます。

小型のタコですが、釣ると楽しいです。

ここでは、イイダコ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

イイダコとは

イイダコは、タコ目マダコ科に属するタコです。

北海道南部以南の沿岸の岩礁帯砂泥地などに生息しています。

水深10mほどのところにいます。

最大で30cmほどと、マダコに比べると小型です。

足の付け根部分に金色の輪の模様があります。 

イイダコ釣りの時期・時間帯

イイダコの産卵期は、冬から春にかけてです。

産卵前には、浅瀬にやってきます。

おかっぱりから狙うのならこの時期です。

スポンサーリンク

イイダコ釣りの時期のおすすめ

イイダコ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

イイダコ釣りは、9~10月の秋が最盛期です。

数釣りが楽しめる秋に釣りに行くことをおすすめします。


では、他の時期は胴なのでしょうか?

6~8月は、秋ほどたくさんは釣れませんが、小さなイイダコが釣れます。


晩秋から年明けまでは、少しずつが釣れる数は減りますが、釣れなくはありません。

イイダコは、寒くなるにつれて深場に落ちていきます。

堤防などから釣れなくても、船釣りならまだ釣れます。


産卵期(冬~春)に入ると、あまり釣れなくなります。

ふ化したタコが大きくなるまでは厳しい時期となります。

イイダコ釣りの時間帯のおすすめ

イイダコ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

イイダコは夜行性なので、夜釣りでよく釣れます。

ただ、夜釣りは釣りにくかったり、危険があったりでなかなか釣りに行きにくいです。

そのような場合は、日中に釣りに行けばよいです。

明るい時間帯でも、エサが近くにあればエサに飛びついてきます。

朝夕マズメは比較的よく釣れると言われているので、どちらかを含む時間帯に釣りに行くことをおすすめします。

イイダコ釣りの潮のおすすめ

イイダコ釣りの潮のおすすめについてご紹介します。

時間帯よりも、の方が重要です。

イイダコは潮が速いと釣りにくいので、中潮大潮は避けた方が無難です。

潮の流れが緩い小潮がおすすめです。

ただ、これはあくまで目安です。

潮の速さは、予想どおりには行かないことが多いためです。


潮が速すぎても止まっていても釣れません。

理想は、潮止まりの前後の時間帯です。

ほどよく潮が流れていておすすめです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事